《便利お得情報》メンテナンスと太陽光発電の寿命

日本政府が全国的に太陽光発電を普及させようと様々な政策が検討実施されてきています。
さらに政府だけではなく、地方自治体でも消費者に有利となる制度があるので確認をしてみてください。太陽光発電のパネルというのは非常に強い耐久性を実現させていますが、パワーコンディショナーは少々違います。
パワーコンディショナーはだいたい10〜15年程度と、パネルよりも短い期間しか利用をすることが出来ないのです。モニターで発電量をチェックして「発電量がこれまでよりも低下してきたな」と気付いたらすぐにメンテナンスを実施しましょう。
さらにその他の機器もしっかりとメンテナンスしてもらい、出来る限り損の無いように気を配るようにしてください。
太陽光発電と言いましても、様々なメーカーから発売されており、また販売代理店も数多くあります。
最近では人気の太陽光発電ということで悪徳行為をしている業者も多いのでご注意ください。パワーコンディショナーにおきましては早めに修理や交換が必要となりますので、そのための費用が必要ということを忘れないでください。
もちろん太陽光パネルも永久的に壊れないワケではないので定期的なメンテナンスが必要となります。

 





婚約指輪
婚約指輪
URL:http://ddmoon.jp/


《便利お得情報》メンテナンスと太陽光発電の寿命ブログ:2017-11-12

今まで順調に育っていた6ヶ月になる娘が
突然全く母乳を飲んでくれなくなったのは、
去年のお正月のことでした。

おっぱいを吸うどころか
「ギャーギャー」とかんしゃくを起こした様に泣き出し、
そんな日が2日も続いていました。

お正月という事もあり、
かかりつけの産院も開いておらず、
知り合いの紹介で藁にもすがる思いで
車を60分走らせ、助産院に行く事になりました。

行ってみてびっくり、
その助産院の助産婦さんは、
八十八歳のおばあちゃんだったのです。

泣き叫ぶ娘をわたくしの隣りに寝かせ、
母乳マッサージをしながら、
ゆっくりとした口調でわたくしに話しかけてきました。

「この子は何でこんなに泣いているのかわかるかえ?」
「たぶん、腹がすいているのだと思うのですが…」
「あんた、2日前、ライス何食べた?」
「えっ、ライスですか?」

変な質問するなぁ…と、
わたくしは疑問に思いましたが、助産婦さんは続けました。

「母乳はな、血液なんよ。
だから、お母さんが食べた物がエネルギーになり血になるんや、
それが母乳になり、赤ちゃんのライスになるんよ。
お母さんがみかんを食べ過ぎれば、オレンジ色の母乳が出るし、
ハヤシライスを食べれば、ハヤシライス味のまずい母乳になるんよ。
赤ちゃんは、おいしい、おいしくないが分かっているんよ」

その言葉に、わたくしは全身が凍りつきました。
確かにわたくしは2日前ハヤシライスを食べていたのです。

まさか、たった一度の食べる事で
2日間も娘を苦しめていたなんて…

母乳マッサージを終え、
泣き叫ぶ娘を抱き母乳を飲ませました。

あんなに嫌がっていたのに、
わたくしの目を見ながら、
娘は腹がぱんぱんになる位おっぱいを吸い、
すぐにすやすや眠り始めたのです。